デンタルローンの審査は厳しいのか

subpage1

失った歯の代用治療として雑誌を初めとしたメディアで話題になっているインプラントは、高い審美性や咀嚼能力を見込める利点があります。



しかし基本的に保険適応範囲外の施術であるので1本治療するだけでも、約30万円から50万円もの費用負担が必要になります。


高額な歯科治療を気軽に受けられるように作られたのがデンタルローンという立替払制度であり、患者は信販会社で治療費を借り入れることができます。


一般のフリーローンと異なり利用目的が歯科分野にのみ定められている特徴があり、このことで金利が低く返済期間が長くでき利用者の返済負担を緩和することができます。

またデンタルローンは総量規制の対象外でもあり、自分の年収に左右されず最大500万円もの金銭の借り入れが出来るとされます。

しかしローンの名のつくようにデンタルローンを利用するには審査が必要であり、誰でも行えるわけではありません。
信販会社によって条件は多少異なりますが、少なくとも満20歳以上で安定した収入がある人が必須です。

livedoorニュースに関してはこちらのサイトをご覧ください。

もし20以下の未成年者が利用する際は、親の名義でローンを組むか親からの承諾書が必要です。

それでもデンタルローンに限らずどんなローンでも未成年者が本人契約ができないのが普通です。

デンタルローンの審査に関する情報を紹介するサイトです。

なので親名義でローンを組む方が確実に審査を通す方法だと言えます。


ちなみに20歳以上の人でも人によっては保証人や連帯保証人を用意する場合もあり、審査基準は決して甘くはありません。